長く生きる

先日、私の生徒さんが 95歳の天寿を全うされて 亡くなられた。

この方、生徒さんとして 30年近く前に ご縁が始まったのだけれど、どうしてどうして!ずっと私が生徒だったようなんです。
彼女が「言ったこと」「やったこと」「手料理」「ピアノの音」全てがくっきり、しっかり、印象深く残っている…
これって 凄いことだな❣️ と思います。

その中でも 強く残っているのが 「人に対しても、物事に対しても、良いとか悪いとか、判断しないことよ!」と。

この言葉は いつもおっしゃっていて 「あなたね!そうしたら この身体が軽くなったのよ!」と目がキラキラしていて、
すいこまれそうだった。

でも 私は「でも 玲子さん、私はそのことを知っていても 直ぐに判断しているし、やめようと思ったらもっと出てくるわ」
なんて反論していた(笑)
すると 笑いながら、「そりゃそうよ!私だってね、こうして生きてりゃ人間だもの 愚痴は出るわよ!」
「だから、きっとこうやってまだ生きているのね、アッハッハッー!!」
豪快な笑い声も魅力的だった。邪気が吹っ飛ぶパワーがあった。

その玲子さんに最後に会ったのが亡くなる1ヶ月ほど前でしたか…
短い時間でしたが少し会話もできて…、「あなたね、もう本も読まないし、音楽も聞かないのよ〜」と。
「じゃあ、何をしていらっしゃるの?」と聞くと、
「なーーんにも!ただこうして寝ているのよ〜、アッハッハッー!」

私は玲子さんから、何の憂いも感じなかった。爽やかですらあった。
「やだ〜、玲子さん そうなの? じゃ また来るわね〜」
と言って手を握ったら、相変わらずのスーパー握力が返ってきた(笑)

その時、ひょっとして玲子さん! 自分の身の回りの事 全てに判断する必要がないんだな〜 と思いました。
老衰で亡くなる…というのは そんな境地なのかも知れないなぁ なんて(笑)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> ご冥福をお祈りいたします。


高倉様
コメント有難うございます、母以上に母親のようでした。。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR