FC2ブログ

身体は正直なの⁈

わたしは 朝目が覚めて ふとんの中でもぞもぞ微睡んでいる時間がわりに好きなんです。
今はもう学校に行く時間を気にする子供もいないし、夫も電車通勤の必要がないのでできるんだと思いますが。
その 朝のゴロゴロしている時に、変調を感じる時があるんです。
左側の首から肩甲骨あたりにイヤな張りがあったり、腰周りに鈍痛があったり(笑)
そうなんですよねえ、身体のサインは結構頻繁に起こっているんです。 数日前からの自分の行動を振り返るのも
この時間なんです。

鈍感生活…およそ55年?の私は、今思えば あの時の不調は コレが理由だったんだ‼︎ とわかりますが、その当時は全くダメでした。笑っちゃいますね。
とても 恥ずかしいことですが、娘たちの許可を得て(笑)我が家(私)の鈍感ぶりを少し書かせて頂こうと思います。

私は、学生時代からの身体の変調はたくさんありましたが、それは別として、
子供を産んでからの話しになりますが、私のことは後にして。

長女ですが… 印象に残っているのは、小学校の時のマラソン大会で倒れて…(どうも過呼吸症候群?)
中学の体育祭では捻挫、高校では体育の時間にギックリ腰(先生に付き添われ帰宅)、とうとう大学時代には婦人科を受診することに。
手足はいつも冷え、生理痛も酷く、子宮筋腫も見つかったっけ。幸い小さかったので手術もせず消えた?らしいのですが、子宮癌の種?みたいになると言われたらしいです(^^;;

今思えば、実は娘たちは私よりもずっと繊細で(半分は夫の血ですから)、学校にいれば周りの状況を察知し、家に帰れば疲れきった父親を見て 騒がないように、これ以上機嫌が悪くならないように気をつけていたらしいのです(^^;;
私はそんな娘のことすら感じないまま、ご飯作って 洗濯していたんですよね〜(笑)

そんな長女の異変はまだまだ続くんです……(^^;;
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR