FC2ブログ

エルガーチェロ協奏曲 その2

この前の日曜日、オーケストラの練習日で カンタさん 初登場の日。
私は午前中に別の所での仕事があった為、時間ギリギリになってしまい… 慌てて練習場入りしたのが
7〜8分前でしたでしょうか?
オッ! 皆さん準備OK! 指揮者もすでに台の上にいて、カンタさんはチェロをかまえて 座っているではないですか?
まるで、13:00 ジャストのカウントと同時に音を出そうとしているような…待ちに待った期待感?(笑)
そんな熱い空気が 立ち込めていました。

この曲、どことなく暗くて…、解りやすい美しいメロディーが出てくる訳でもないし…。
きっとオーケストラの方達も、オーケストラパートを練習しているだけでは 今ひとつ解りにくい感じがしていたのではないでしょうか?(勝手な私の憶測ですがね)
それが、冒頭のカンタさんのソロが始まると、何だか…空気が?
私は、オーケストラの皆さんの、カンタさんのチェロの音に吸い寄せられるような集中力に、驚きました。
1回目でソロとずれていたような所も、2回目には 見事にソロの流れに添わせているなんて…。
指揮者の「僕じゃなくて、カンタさんの音を聴いてください!」のアドバイスも最高!

そりゃそうですよね〜、カンタさんの音ですからね〜。 そうしたくなります!
今度は前日のホールでのリハーサル。 待ちどうしい…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR