スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両手の感覚

両手の感覚…というのは 左右の手が助け合っている⁉︎ という感じだろうか?
最近そう思っている。そして そう思うと、いかに若い頃はピアノと向き合っていなかったか!ということを
痛切に感じる。
大学時代は、1年に一度ソロの試験と、アンサンブルの試験。後は 3年生の時に学内演奏会、卒業試験、
今はよく知らないが、必修はそのくらいだった気がする。
自分で進んで本番を作れば、良かったのかもしれないが、私の場合 逃げていたな〜。

廊下を歩いていれば(外にいても)、いたるところから音が聞こえてくる。様々な楽器の個人練習の音である。
もちろん!ピアノの音に反応してる私!がいる訳で、大曲 ・難曲 に挑んで 練習しているパワーにただ圧倒されていた気がする。
私は本当に下手だった(笑) 両手を隠して歩きたかった(笑) これはホント!
何故って、ピアノ科の学生はすぐ解った。
小指側の筋肉がモリモリしていたから(^^;; 私は全く無かった。
あの時、自分の中にピアニストがいることに もっと気付いていたら^o^ 小指の使い方!研究したのになぁ…。
誰も身体の使い方!教えてくれなかったな。( 体操の野口先生はきっと全部わかって、学生に伝えてくださったと思うけれど)
要するに 私には諦めの気持ちが強かったんだと思う、練習しても身体がしんどくなるだけだったから(^^;;

それが、あの時から40年❗️ なんと時間のかかったことか(笑)
小指を使って!両手で弾く! 楽しいではないですか〜(*^^*)

諦めてなかったんですね〜、私の中のピアニスト❤️

この体験、若い頃 ピアニストを断念せざるを得なかった大人の生徒さんに 是非 お伝えしようと…(*^^*)
ちょっとワクワクしている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです!

紀子先生こんにちは♪市川ことあいさむです。久々に楽しく日記を拝見しております。一人頷いたりしてます!最近、ミシュランお星を持っている料理人さんが入会されました。なんか、どうにいってるんですよね。物事の技と身体の使い方はやはり共通点があるのでしょうね。こちらから教えていただきたいことが多く、質問責めになったりして反省しております。小指の使い方。。大学時代凄く言われてたなー。でも、絶対私の誤解なのですが、小指の爪が肉離れするくらい力を込めてたなー。。最近、宇治田かおる先生
からだで変わるピアノと言う本を読んでいます。紀子先生のおっしゃっていることと共通点もあり、楽しく読める本です。やー!またピアニストモード取り戻さないと、次の本番間に合わなくなってきましたー☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。