発信していく…

「発表会」…人の前で「自分を出すこと」
私はずっとこの事を考え、そして経験させてもらっています。
多分、どんな職業でも、この「自分を出す…」という事が問われているのでないか と最近思います。
でも、これがなかなか難しいのです。
人の前で演奏する時、誰でも緊張します!
この緊張は、動物的本能からきている と聞きますし、日常ではない所に身を置いた時の防衛本能!という訳ですものね。
あの有名なチェリストのカザルス氏もデビューリサイタルの緊張が、今も続いている…と、晩年に語ったとか。
一昨日の「大人の発表会」、手が震え、頭が真っ白に…を体験しながら最後まで曲を弾き通す事を体験している皆さん。
客席からは、思わずでてしまった「ブラボー」
それぞれの「想い」の詰まった演奏に私達は感動です。

私も、どんなに緊張しても、頭が真っ白になっても、その後に数秒でもワクワク楽しい瞬間がある事を信じて、
怖がらずに人の前で発信していきたいですね〜。
スポンサーサイト

ライブが終わって

2015年に現在の場所に教室を移して、「移転記念オープニングライブ」として始まったこのライブ、
今回は8回目でした。
狭い場所ではありますが、「何か音がする?」「なんか楽しそうな場所?」という発信を続けていけたらどうだろう?
と、思いながらの出発でした。
その後、「楽団トントス」と名前をつけて、出前ライブも少しずつ…^o^
そして!今年は年明けから何か新しいテイストを?と探していましてね〜。
ふと思ったケルト音楽…旅行案内には 街のレストランで気楽に聞ける(ホールや劇場ではなく)…とありました。
楽譜もないみたいだし…民族楽器もないし…無理かな〜と思わない訳ではありませんでしたが。
「ケルトはいつも酔ったような民族で…」という文章を見て やりたい!となりました。

そして、やはり奥の部屋からの視界を考えると壁に窓を作るしないなぁ〜となりましてね、やっと今年初めてのライブが
実現致しました。
窓から覗いている子供達の笑顔は、可愛かった❣️

それで、ピアノ講師の私の役目が少しずつではありますが確かなものになった気がします^o^
「ピアノを弾くのは難しくないよ。楽しいよ。」
私も未だ未だですが、一緒に発見していきたいと 実感できた ライブ本番でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR