スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽工房のモットー…

堅苦しかったり、難しかったり…?ではないんです。
音楽工房のモットーは、楽しい!を一緒に体験していきたいなぁって思っていることなんです。

今、ピアノを習い始めたばかりの子供達を見ていると、本当にそれぞれ個性的で 惚れ惚れします。
当然ですが、誰も似ていない❗️弾けています❗️
そして、数年経って、段々理解力の速度を学校などで 求められるようになってくると、早くできた方が良いように、
親も子も考えはじめちゃって…。
身体、特に手の器用さなど、楽器を扱う時には必要な感覚に評価が 偏ってしまう感じも私としては 残念な気がしています。
中学生、高校生になっても、そして 大人になっても、無邪気に音楽を表現する楽しさを味わい、または 求め続けて欲しいと 願っています。

実は、それは簡単ではないのも 確かなんですよね。特に「教えられてしまう」ことの 恐ろしさ…。
教える立場の私達としては、ドキドキなんです笑
何を教えるか?どこを? どこまで? なんてね、考えはじめたら キリがない。

結局、その子から発信されているものから、こちらが学んでいくことなんでしょうね〜。
自然な流れを 感じたいと思いました。

「一人一人の個性を見い出し、クラシック音楽の形にとらわれず、音楽を表現する楽しさを実感できように
サポートする」
清水音楽工房 理念
スポンサーサイト

ピアニストの時間

ピアノを教え始めて もう40年も経ってしまうんです、、ちょっと恥ずかしい感じもします。
どんなことが 残っているのか?伝えられているのか? あやしいからです。
それでも 最近よく思うことは、蓄えがなかったら、生み出すしかないじゃん❗️ってね。
ピアノ教師は いつまでも現役ピアニストの感覚を 更新していないと 説得力ないよなぁ という事なんです。

段々 難しい曲にチャレンジしていく子供達に(これは大人の生徒さんも同じ)、的確なアドバイスを自分の身体を通して、
伝えたいと思います。
日々の暮らしの中で、ピアニストの時間の確保は 結構大変❗️
最初に削れるのは…やはり家事?になるでしょうね笑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。