Virginal ヴァージナル

先週末は、土曜日は根府川の「高橋誠記念館」でのコンサート。
日曜日は スタジオでの「木戸銭ライブ」。いずれも ヴァージナルを使ったコンサートでした。
歌とヴァイオリンとヴァージナル… いつもの木戸銭ライブとは少し趣きをかえての1時間でした。
はたして、お客様はどんな感想を持たれたかは?? わかりませんが、私にとってはとても貴重な体験になった気がします。

私は今までに、チェンバロ…と呼ばれている古楽器を何回か弾いたことがありますが、いつも「ピアノとは全く別物
なんだなぁ」という違和感でした。
同じ鍵盤でも、タッチも違うし、大きさも違う、ペダルもないから、音も伸びない…、強弱すらつけれない(笑)
そして、やっぱり私はピアニストだからチェンバロはチェンバリストに任せて、私が弾くのは申し訳ないんだ!
なんて風にも感じました。

でも今回は…、相変わらずの違和感は変わりませんでしたが、「シンプルなんだなぁ!」と(笑)
どう頑張ってもピアノの様な表現はできないし、だったらそのまま 指の向くまま ヴァージナルの響きだけを感じてみようと…。半ば諦めっぽい気分ではありましたが、いたずらっぽい?自分もいてね(笑)
ピアニストでは出てこないだろう?ふざけた自分も垣間見えて、可笑しかったんです。楽しかったし…。
それで…、今までのピアニストが なんだか急に真面目過ぎに感じられて(笑)

不真面目なピアニスト⁇ て いったいどんな感じになるんだろう⁉️

また、ヴァージナルとお付き合いしたくなりました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR