スペイン語

家族のことをあれこれ書こうと思ってやってみましたが、どうも私には難しかったようです(笑)
すっかり消化して過去の事を感じていると思っていましたが、まだまだチクチクする自分がいてね〜。
自責の念にかられたりで、楽しくなくなるのです。
もっと歳を重ねないと書けないのかもしれませんよね〜〜という訳で振り返るのをやめました。

それで、やはり現在の自分のことを…、書かせていただこうと思います(^^;;
昨日は7年半ほどぶりに スペイン語の勉強再開の日でした。
私のスペイン語との出会いは2001年に初めてスペインに行ってからですから もう15年くらいになります。
でも、途中休憩もありましたし、語学センスのなさもありまして、喋れるのはほんの僅かでした(笑)
でも、日本人には発音しやすく 軽快な音のスペイン語が、私は好きなんです。
昨日も 久々に先生のBeatriz と 向かい合って スペイン語の音を生で聞いて、ワクワクしちゃいました(笑)
月に1回くらいのペースなんですが、ノートに向かうのは楽しいですね〜💕
スポンサーサイト

身体は正直……続き

さて…、長女の異変をツラツラ書く前に、なぜ家族のことを書こうかという気持ちになったか?(^^;;
それは、音楽を生業にしていく…ということは、ゆっくり、じっくり、自分と相談しながら身体とも相談しながら
本人の意思で 迷いながらも進んでいくこと。 なんだろうなぁって。
そのことを、我が家の失敗例(笑)を見て、感じてほしいと思った訳なんです((^^;;
正解なんてない事ですし、全くもって人それぞれなんですものね〜。60歳を越えるとそうはっきり思えます💕

そんな訳で、長女のわかりやすい変調は、3歳頃でしょうか?まばたきを繰り返すチック症状が始まりました。
緊張する場面で 起こってましたね。人から見られていたり、お名前は?なんて聞かれたらパチパチやってました。
私は、目の周りが痒いのかと思ったりして(アトピーの診断も受けていましたから)薬をぬったりしてました(^^;;
それに、すぐに熱を出してしょっちゅう小児科にお世話になり、それだけでも疲れていましたね〜。
3歳児検診では、全く質問に答えられなくて(名前も言えない、私から離れられない等々) 自閉症の傾向があるから と
言われ、その後時々、保健婦さんからお電話をいただいたりして…。

公園に行っても、私の足元でモジモジ、実は保育園でも妹の手をつないでお友達の遊んでいるのを、見ている時間が長かったみたいでした。
でも、長女は「楽しかったよ〜、○○君と○○君と○○ゴッコしてね〜」なんて私に話すんです(笑)
よく見れていなかった私は、それがただ見ていた事を話しているとは思わず、実際長女が遊んでいると勘違いしてました。
卒園の時、入園時のはなしを保母さんから聞いて、知った訳なんです。
私は、そんな勘違いをしていたにもかかわらず、小学校に入学しても長女の変調を、心配はしているものの、じっくり受け止めていなかった様に思います。 食事は細く、痩せて目の下にはクマがありました(笑)
そんな小学生時代、ピアノは習いに行ってましたね。私は好きで弾いていると思っていたら、違ったみたいでした。
いつになったら辞められるんどろう?と思っていた! と後になって聞いてこれまたビックリ。
結局、中学生でピアノは辞めて、高校でブラバンに出会い、初めて長女は「音楽は楽しいかもしれない!」と自分自身の
気持ちで味わい始めた気がします。お陰で高校時代はやっと人並の食欲、体力になっていたのかな?

それでも、まだまだ山あり谷ありが続いて行きましてね〜、身体を味方につけるには 本当に時間がかかるものなんだと、
つくづく思っています。
特に音楽を表現するには、この身体との丁寧な対話が不可欠で、それにはまず自分の個性を知る事からなんだと
思っています。子供も母親とは違う個性なんですものね〜。
娘達は、私の個性ともっと揉めたかったのかもしれませんね〜(小学、中学時代に) その事に私はずっと後になって気付きました。


身体は正直なの⁈

わたしは 朝目が覚めて ふとんの中でもぞもぞ微睡んでいる時間がわりに好きなんです。
今はもう学校に行く時間を気にする子供もいないし、夫も電車通勤の必要がないのでできるんだと思いますが。
その 朝のゴロゴロしている時に、変調を感じる時があるんです。
左側の首から肩甲骨あたりにイヤな張りがあったり、腰周りに鈍痛があったり(笑)
そうなんですよねえ、身体のサインは結構頻繁に起こっているんです。 数日前からの自分の行動を振り返るのも
この時間なんです。

鈍感生活…およそ55年?の私は、今思えば あの時の不調は コレが理由だったんだ‼︎ とわかりますが、その当時は全くダメでした。笑っちゃいますね。
とても 恥ずかしいことですが、娘たちの許可を得て(笑)我が家(私)の鈍感ぶりを少し書かせて頂こうと思います。

私は、学生時代からの身体の変調はたくさんありましたが、それは別として、
子供を産んでからの話しになりますが、私のことは後にして。

長女ですが… 印象に残っているのは、小学校の時のマラソン大会で倒れて…(どうも過呼吸症候群?)
中学の体育祭では捻挫、高校では体育の時間にギックリ腰(先生に付き添われ帰宅)、とうとう大学時代には婦人科を受診することに。
手足はいつも冷え、生理痛も酷く、子宮筋腫も見つかったっけ。幸い小さかったので手術もせず消えた?らしいのですが、子宮癌の種?みたいになると言われたらしいです(^^;;

今思えば、実は娘たちは私よりもずっと繊細で(半分は夫の血ですから)、学校にいれば周りの状況を察知し、家に帰れば疲れきった父親を見て 騒がないように、これ以上機嫌が悪くならないように気をつけていたらしいのです(^^;;
私はそんな娘のことすら感じないまま、ご飯作って 洗濯していたんですよね〜(笑)

そんな長女の異変はまだまだ続くんです……(^^;;

娘の結婚

先日、次女の結婚式がありました。
私が まず思ったのは これで母親業から解放できるのかあ〜 というちょっとスッキリした気分でした。

娘が22才で金沢に移住した時は、ガランとした部屋に自然と涙がこぼれてました(笑)
そして、27才でこちらに戻り、一人暮らしをはじめたとき、まだ 心配が絶えませんでした。
なぜって…バイトしながらチェロとの両立は難しそうに見えましたし、本人のいつもモヤモヤした表情に、私は疲れました。 それで、 「ねえ、お母さん…」という 暗い表情にエネルギーを吸い取られている感じでした。

それから 又5年経って、結婚式の前夜に 「草餅持っていくね〜」とチョロっときた時、初めてスッキリした表情で
「ねえ、お母さん、引越しのことだけれど…」と話し出した時、あれっ?何か変わっているかしら?
と思いました(笑) やっと、自分の足で立とうとしてるのかなぁ…甘い見立てかも知れませんがね。。

私は子供を育てている時には 母親は子供を守ってやることが、仕事だと信じていました。
勘違いしていたんです(笑) 自立することを 教えるんですね。
そこに着付くのに、ずいぶん時間がかかりましたが、結婚式の時の娘の表情で、「母親終了‼︎」「やった〜‼︎」
と思えました。
さあ、これからは 音楽を共感できる人同士、頑張ろう!

二つの本番

どんな小さな本番でも やはり人の前で演奏するのは、身体も心も緊張します。
昨日、一昨日の2日間 違う種類の本番でした。
実は、この 違うことの本番が連日になる ということが私には、かなり負担になっていた様なんです(^^;;
終わってみて 感じました(笑)
土曜日は 自宅での大人の生徒さんを交えての小さなコンサート💕
くじ引きで引く順番を決め、ちょっと自己紹介をして弾く会なんです。
それで、少し前から歌手のM子さんにも出演していただいて、その後私もソロを弾く…という流れになっているんですよね〜。
この「ソロを弾く」というのが 私にはとても難しいのです。え〜っ?ピアニストなのに〜?と言われて当然なんですが、
「楽しんで弾く」のが できそうでできないんです(笑) それも楽譜を見ないで…。
自分一人で練習している時の 良い感覚(楽しい感じ) も、本番では出ないんですよね〜。
でも今回、 結果を出せなくても、どこか良い感覚を身体が覚えていて 少しでもそこに近ずけたら…それでその本番は成功なんだと思えました。 たとえ 自分にだけしかわからない微妙な感覚だとしても、それが味わえたなら、1歩前に進んだ と
思うことにしました。

それで、日曜日、今度は5人でのライブ! キーボードを運んでの木戸銭ライブの出前でした💕
それはそれは こちらは楽しかったです(笑) 大小様々なミスタッチはタイコのおとに消され(私が勝手に思っているだけかも) 楽譜を見ている安心感もありますしね〜^o^
皆んなのパワーにも助けられ、何よりお客様の笑顔に励まされ 楽しい、嬉しいひと時でした。

でも…、今年の私は…たとえたくさん間違えようが、ミスタッチどころか弾き直しをしようが、楽譜を見ないで、
どこまで自分の感覚を楽しむことができるのか❓ なーんて思ってしまっているんです。
ホントに実行できるのかしらね〜〜〜(笑)

筋トレ?

柔道の話を書いてから、ずいぶん経ってしまいました(^^;;
結論から言いますとね〜、もっと今の自分にあった 地味な筋トレを考えることにしました。

60歳を越えてからの初トレーニングとしては、小さな動きから少しずつやっていく方が 自然かなぁ?
なんて、当たり前のことを思い付いたんです(笑)
どこかに 出かけて行ってたっぷりやるよりも、家で少しずつ毎日の方が、私には合っている気がしてね。

そんな訳で、ジミーなトレーニングというのは、ただ つま先立ちになることなんです。
かかとを上げている時間を増やすというか? バランスをとる? 時間を作る…ただそんな感じです(笑)
少しやった感じでは、姿勢がよくなる感じがして 良いかな。

それで 大事なピアノを弾く為の指?腕? の筋トレも 実験中^o^

また、やった感じを 書かせていただきますね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR