スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいピアノ


今年の3月、今のところにスタジオを移した時に思いきってピアノを新しくしました。
本当は グランドピアノが良かったのですが、狭い場所ですし、何しろリフォームなど諸々経費の問題もありましてね、アップライトピアノになりました。
でもピアノ講師の私としたら、響きの気持ち良さが最優先で(譲れないポイント)決めさせてもらいました。
最近 住宅事情や、「いつまで 続けてくれるかわからないから…、とりあえずキーボードで!」という親御さんのお考えもあってアコースティックのピアノではない生徒さんもいらっしゃいます。
そこで、 「気持ちいいなぁ」をスタジオで味わってほしいとヨーロッパのピアノ(ブリュートナー)に決めたんです。
そうしたら!今日初めて!小学生高学年の女の子、「先生、このピアノ気持ちいいね〜」ですって(笑)
やった〜^o^ でした! 「ウチのはどーん、て。これはふわーって感じかな?」
沢山弾きに来てほしいですね〜^o^
スポンサーサイト

大人の発表会

私達 音楽工房のイベントの中でも「発表会」は 大きな、大事な催し物でしてね、「大人の発表会」「子供の発表会」
とそれぞれ年に1回企画させていただいていますが、その大人の部が 一昨日終わりました。
いつも、出演者の方 各々の「人」そのものを感じさせていただけて 私は本当に感動なのです❗️
ともすれば、子供の場合、本人よりも親御さん方が 実は楽器が弾きたかったり(笑) する訳で、本人は
面倒くさかったり(笑)。
でも、大人の場合は ピュアに「音楽を楽しみたい!」が伝わってくるように思うんです。
慣れてないほど無心になれるし…ならざるを得ないのかもしれませんが、胸を打つんです。
又、何十年も肌身離さず楽器と共におられる方も、その「想い」に胸打たれます。
人と比べることはできないし、そんな事は全く意味のない事なんだなぁ…と確認させてもらえる場所でもありました。
教師としても、ピアニストとしても原点に戻れる大事な1日…。

少しずつ、「また来年!」と思ってくださる方が増えていってほしいと 心から願っているのです。が!
そうでした(^^;;でも、時間が長くかかってしまう事をどうしたらいいんでしょうね〜。
なかなか答えが出ないんです…。

スペイン

私は 今から思えば何も考えずに 20代で結婚し、子供が産まれ 仕事をし、特に大きな問題がある訳でもなく過ごしていた。
で、20年近くも経ってしまった2001年夏、私は友人(歌手)のお供でスペインに行くことに…。
2週間近くレッスンを受けたり、練習したり、街を歩き、スペイン人とふれあい、初ヨーロッパを体験していた。
で❗️ 友人と歩いていて、ふと 大きなショーウインドーに映った自分の姿に 「えっ⁈ これが私?」とにかく驚いた(笑)
体を少し丸めて(自分ではまっすぐのつもり)、自信無げに歩いている貧相な子供!に 私には見えた。
周りを見たら、スペイン人は皆堂々と自信を持って表情豊かで、素敵に見えた(当たり前ではあるが)(*^^*)
そしてとうとう 知り合ったスペイン人に、自分が日本には子供がいてね〜… と伝えると「いったいお前はいくつで子供を産んだんだ⁈」とかなりの驚きよう…。 若く見られた? なんて問題ではなく! 「やばいぞ、これは。」という事で帰国。 いやいや ショックだった。
この経験のお陰で、帰国してからの私の中は大きく変わった気がしている。なんか大きな勘違いをしていたようで…
自分をしっかり見つめることから やり直してみようと思った。そして子供を育てるのは、自立できるようにするんだ〜(*^^*) なんてやっと気付いた(^^;;

そうしたら!私の変貌ぶりに、その年の冬には謙二と二人で再びスペインへ(笑)
その時の謙二の経験は、数年後にオーケストラを辞める決断に 勇気を与えたような気がした。
ビバ!スペイン❤️

ブラームスの歌曲

私は シューマン、シューマン夫人、ブラームス、この3人に昔から興味を持っていましてね。
多分 ずいぶん若い頃(結婚はしていた)「クララ・シューマン」と言う本を読んで、この3人の関係を知ってからずっと(笑) 音楽室の壁に貼ってある遠い存在の作曲家から、一気に人間臭い存在になってしまった訳で、私としてはこの事は、ピアノを弾くうえで、大きな転機だったかもしれませんね〜。
そして、最近 友人の歌手のTさんと そのブラームスの歌曲を練習しているんです。
偶然にもこのTさんの選曲が、op.48-2 (30歳) op.59-8 (40歳) op.105-1(53歳) の3曲で、どれも名曲!
熱い想いでいっぱいの曲から、どうする事もできない切ない想い…にかわり、53歳の時に…。これが一見優しく爽やか?に感じてしまう曲なんですね〜。でも、本当は心の中は … 深い悲しみ⁇ なんじゃないでしょうか?。難しい。

実は25日の「大人の発表会」に、講師演奏という事で出演させて頂きます。
本番、どんな感じになりますでしょうかね〜(*^^*)

それにしてもブラームス! クララ・シューマンが亡くなってから1年も経たないうちに、肝臓癌で亡くなられとか…
享年63歳 独身。 内気だが熱い想いの優しい人…のような気がして♡

やる気スイッチ

以前にもこのブログでまだ始めたばかりの小学6年生の女の子が、学校で合唱の伴奏を弾きたい!と、「やる気」になり、見事願いが叶った事を書かせて頂きました。今回はなんと、小学3年生女子(^^;;
3年生で、クラスの合唱の伴奏のオーディションがあることにまず驚かされ、「本当に⁉️」と言ってしまった。
そして、そのオーディションを受けたいと言う…。
コピーの楽譜はしっかり大人が弾くのと同じ(子供用にアレンジしていない)で、これまたびっくり!
そしてオーディションまで3週間ほど…(^^;;だと?はっきりわかってない様子。
どうやら夏休み前に なんとなく話が出ていたらしいが、とにかく「これ教えてください!」とそのコピー譜だけ持ってきた。
そして、事もあろうにご家庭の事情で、レッスンに毎週来れない状況に(笑) とにかく30分のレッスンでどこまで譜読みができるか?
半ばやけっぱちの感じ?で私も腕まくり?ねじり鉢巻?で やるっきゃないでしょ❗️となった。
で、とうとう 「先生!来週オーディションやるって〜〜」と。
まだ最後までやってない! とにかく指使いだけでも!それとできるだけ難しいところは音を省いたり(^^;;
あとは 本人が頑張るっきゃない!
でも、困った困った…と思っているのは私だけで、本人は困った顔をしていないから不思議‼️
「やる気」が消えていないのだ‼️
そして次のレッスン日「落ちちゃった〜〜、でも先生がいつか弾いてもらうからね〜って言ってた〜」って。
で、その合唱曲を、なんとびっくりするほど完璧に弾いて聞かせてくれた‼️ 何回も(笑)
よっぽど弾けるようになったのが嬉しいみたい。落ちたことよりも弾ける楽しさを味わったみたいでね〜(*^^*)
オーディションの前日は4時間も練習したらしい。凄い❗️ 子供の「やる気スイッチ」に感動‼️

日々の精進

「日々の精進」と、なにげなくつかっているこの「精進」ということば…。
辞書で引いたら「修行をすること(仏教)」「一生懸命努力すること」とあった。
私は今まで 実際にピアノを練習することだと考えていた。いつももっと練習しなくちゃいけない!とすり込まれていた。
努力する=たくさん弾く、修行する=できないところを苦しくても反復練習をする。
みたいな感じを持っていた。
でも、ふと… 自分全体を感じてみての「努力」なのかなぁ?と。
ピアノ以外の日常の「姿勢」にしても 「気持ち」にしても自分の「くせ」に気づく為に 努力する…。
ありゃあ^o^ 抜けてる抜けてる(笑)
ピアノに向かっていない時の 努力 がひょっとしたら、ピアノにプラスの効果があるのかもしれない と感じた^o^

そういえば、友人の歌手のTさんは、ここ数ヶ月、諸事情により声を出しての練習時間を一日20分!にしているらしい。
でも 不思議とうまくいっている…と言っていた 事を思い出した。
ピアノと歌とは同じではない気もするが(^^;; 練習は長さでは無い気がして…(笑)

あれこれ試行錯誤も 大切な修行? ですかね〜。今までの自分のやり方を見直してみたくなっています。

ブラボー!

「ブラボー!」という歓声は 演奏する側から言えば 本当に嬉しいものである。
それがあるのと無いのとでは、雰囲気も格段の違いが生じるような気がしていて、つい不謹慎ながら、
一声かからないかな〜…なんて(笑)

でも、 観客としてその行為ができるか?と思うとなかなか勇気がいるように 思っていた。
ところが!勇気なんかは要らず、思わず口から出てしまうんだ!と 実感するコンサートがあった。
ハイティンク指揮 ロンドン交響楽団、ソリストがマレー・ペライアのベートーヴェンピアノ協奏曲第4番を聴き終えた瞬間、思わず口から「ブラボー!」が出てしまったのである。
その時は自分の声が 誰にも聞こえて無いような感じもして、不思議だった…が、当たり前だが、しっかり周りに聞こえていたらしい(笑) 恥ずかしかった(^^;;
でも、実は以前に人生初の「ブラボー!」を経験していて… 、地元茅ヶ崎の湘南フイルハーモニー交響楽団のブラームス第1番の交響曲を聴いた時だった。その時も勇気は要らなかった。

何はともあれ、マレー・ペライアというピアニスト、凄い❗️ 「全身全霊」でピアノを弾いている❗️
そしてオーケストラも❗️ お互いが響きあって大きなうねりの様な音楽の流れは、ホール全体を包み込んだ気がした。

で、ブラボー!は、日々の精進…の結果なんだと(笑)


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。