父の遺したもの

昨年の 12月に私の父が他界しましてね、91歳でした。
正直なところ、もう少し長生きするんじゃないかしら…?っと思っていたので、最期はなんだかあっけなかった感じもしました。まあ父らしい❗️のひと言ですがね〜。

実は私の母はもうすでに亡くなって13年が経ちます。
10年ほどアルツハイマー病を患っての事でした。地域の施設や看護師さんに助けて頂きながら、母の介護を父は自分でやっていましたね〜。凄く責任感の強い人だったと思います。

そんな両親遺したもの…
母は「味覚」かなぁ?特に「サバの煮付け」は作業工程が目に浮かびます。ひたすら丁寧に煮汁を魚にかけていたんですよね。私にはこんな事できないなぁ〜って思ってました。絶品でした!

それで、父ですがね。
とにかく「自分」をしっかり持ち続けていた人でした。
自分の最期は どんな風に迎えたいか(かなり具体的に)を書き、戒名も考えて決め、葬儀の際の音楽(BGM)も7〜8曲を
選んで一つのCDに。そんな用意周到な面もある父ですがね、最期の1か月ほどは自分の身体をどうしていいのか?
全くわからない状況でした。
良くも悪くも「マイペース」ですからね〜。周りは(弟家族)大変だったと思います。
上半身はまだまだ使えるのに下半身がどんどん衰える! そのギャップにどんどん苛立ち、不機嫌になる!
の悪循環でした。これは説得して足を動かす運動をしてもらうには、もう気力がなかったですね。
結局父は自分で書いたように、「スパッと逝きたいからな!」と言って、逝きました。

私が一番感じたことは、この1連の状況を見る事ができて良かった!ということなんです。
親の「ありのまま」の姿は残った家族を成長させてくれるんだと思いました。

結局のところ、人間、自分の身体と どこまでコミニュケーションがとれるか?
が鍵なんですね〜。父の遺してくれたことのように思いました。
これは、生まれてからもう始まっているんですものね。
私自身、このことをもう一度しっかりと感じてみよう!と新しく始まった感じです。
それで… 少しワクワクしちゃいます。




スポンサーサイト

子供の発表会

清水音楽工房の子供の発表会は 毎年1月に開催しておりましたが、今年は12月に2回に分けて催すことに
致しました。
いつものホールが改修工事で使えない事もありましたが、幼稚園から高校生まで、ピアノ、バイオリン、チェロ、クラリネットと盛り沢山の演奏は結構長い時間に渡ってしまいますからね〜。
最後の集合写真にはすっかり疲れてしまう小さな生徒さん達の様子に、分けてやってみよう ということになりました。

それで、先週すでにピアノ、チェロは終わっているのですが、明日はいよいよバイオリン!
実は私達、結婚以来36年間、毎年発表会を催しておりまして 私はバイオリンの生徒さんの伴奏をさせていただいていたんです。
それが ここ数年、若いピアニストの方達にお手伝いいただいておりましてね、本当に助かっているんです。
精神的にも肉体的にもかなりキツくなっていましたのでね、本当に楽になりました。
そして、伴奏をする…というのは楽しくもあり、とても難しくもあるんです。
若いピアニストのお二人はその役割を 本当に真摯に感じてくださっていて、感動しました。
私はこの仕事(子供の伴奏)を、心から大切なピアニストの仕事なんだとあらためて実感する事ができました。

まだ、どうやって伝えていったらいいのか?
うまく伝わるのか?
と、悩みは尽きませんが、若い方たちと一緒に試行錯誤しながら成長していけたらいいな と強く思いました。

発信していく…

「発表会」…人の前で「自分を出すこと」
私はずっとこの事を考え、そして経験させてもらっています。
多分、どんな職業でも、この「自分を出す…」という事が問われているのでないか と最近思います。
でも、これがなかなか難しいのです。
人の前で演奏する時、誰でも緊張します!
この緊張は、動物的本能からきている と聞きますし、日常ではない所に身を置いた時の防衛本能!という訳ですものね。
あの有名なチェリストのカザルス氏もデビューリサイタルの緊張が、今も続いている…と、晩年に語ったとか。
一昨日の「大人の発表会」、手が震え、頭が真っ白に…を体験しながら最後まで曲を弾き通す事を体験している皆さん。
客席からは、思わずでてしまった「ブラボー」
それぞれの「想い」の詰まった演奏に私達は感動です。

私も、どんなに緊張しても、頭が真っ白になっても、その後に数秒でもワクワク楽しい瞬間がある事を信じて、
怖がらずに人の前で発信していきたいですね〜。

ライブが終わって

2015年に現在の場所に教室を移して、「移転記念オープニングライブ」として始まったこのライブ、
今回は8回目でした。
狭い場所ではありますが、「何か音がする?」「なんか楽しそうな場所?」という発信を続けていけたらどうだろう?
と、思いながらの出発でした。
その後、「楽団トントス」と名前をつけて、出前ライブも少しずつ…^o^
そして!今年は年明けから何か新しいテイストを?と探していましてね〜。
ふと思ったケルト音楽…旅行案内には 街のレストランで気楽に聞ける(ホールや劇場ではなく)…とありました。
楽譜もないみたいだし…民族楽器もないし…無理かな〜と思わない訳ではありませんでしたが。
「ケルトはいつも酔ったような民族で…」という文章を見て やりたい!となりました。

そして、やはり奥の部屋からの視界を考えると壁に窓を作るしないなぁ〜となりましてね、やっと今年初めてのライブが
実現致しました。
窓から覗いている子供達の笑顔は、可愛かった❣️

それで、ピアノ講師の私の役目が少しずつではありますが確かなものになった気がします^o^
「ピアノを弾くのは難しくないよ。楽しいよ。」
私も未だ未だですが、一緒に発見していきたいと 実感できた ライブ本番でした。

最近のレッスンで…

少し前の この日記で 粘土を使って「両手を使う楽しさ」を体験してもらいたいなぁ〜と書きましたが、
短いレッスン時間の中で、作業をすることを考えるとなかなか踏み切れないでいました。
でも、置いてある油粘土❣️ 眺めていたら ふとイメージが湧いたのが、粘土を鍵盤に見立ててみる事でした。
指先をどんな感じで 鍵盤に触れているのか?
適度に柔らかい粘土で試してもらったらどうかしら? と、考えている時に。。

実は 初レッスンの方がいらっしゃいました! 大学生です。
友人のお嬢さんということもあって、ワクワクしちゃいましたね。
早速試していただきました。
ピアノ歴は、幼稚園から小3までということで 全部忘れている!と言うのでまずは座り方から。
そして、少しバイエルの簡単な曲を弾いていただいて、やおら粘土で。

「今日は 骨の話しから始まって(坐骨を意識して座る)、最後は粘土で終わって…面白かったです(笑)」
はたして、内心は? と、思ってしまいましたが、実はピアノの音に変化も感じる事が出来て私は手応えがありました。

その後、小学生の生徒さん達にも試してもらっています。
沈んでいく感じが うまく伝わればいいと思っていますが…。
また、経過を書かせていただきたいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR