FC2ブログ

ピアニスト原智恵子

私は 「読書が好き!」というタイプではないので、よっぽど 読みたい! と思わなければ 本を手にしないんですよね。
なので、今回も先日のコンサートの為に ネットで 「ガスパール・カサド」を調べてみたら、石川康子著「原智恵子伝説のピアニスト」という本がある事がわかりましてね。早速注文したわけなんです。
以前から 「カサド」というチェリストの奥さんが 日本人の「原智恵子」という人だ…くらいは知っていましたが、カサド作曲「愛の言葉」というチェロとピアノの作品が 歳の離れた日本人ピアニストを妻に持った カサドのラブストーリーかと
思っていたくらい私は 無知でした!
これは 全くの誤解で、この曲は 弟子のカサドが 尊敬する大好きなカザルス先生に捧げた師弟愛を表現した曲だったんですね〜。カサドさん ごめんなさい❗️

ということで、詳しい内容については 興味を持たれた方は 是非、手にとって読んでいただきたい!と言いたいくらい
感動しました。
この本には、この智恵子さんの生きた1914〜2001年の なんと凄い時代のこと、日本とヨーロッパの違いはもちろんの事、今では想像もできなないほどの 日本社会全体の環境や風習、そんな中の日本のクラシック音楽界の出発点の事情…等などが、とてもわかりやすく 丁寧に描かれているんです。
そして、この著者は まるで智恵子さんの魂に呼ばれているかな?と感じるほど、正直に愛情を持って寄り添って書いているように感じました。
主人公の智恵子さんに感動するのはもちろんですが、この著者の石川康子さんに胸をうたれました。

私は もちろんこの原智恵子さんのようなピアニストではない。
自分に甘いし、頭も使えない!ときている。なので、すぐに挫折しそうになるし、また 適当に立ち直ったりする…。
でも、この本を読み終えて今、「あなたらしくおやりなさい!」と智恵子さんから声が聞こえたように思えた。

あーー❣️それにしても智恵子さんの生のピアノを本当に聴きたかった❣️
スポンサーサイト

連弾の魅力

先日、高校2年生と中学3年生の女子の連弾を聴いたんです。初顔合わせでした。
と言っても、私の生徒さん達ですので お互いに 発表会では顔を合わせてはいるものの、友達?というほどは話したこともない… こんな関係の二人。
そんな二人を 私はふと、今年の発表会は 「連弾?」を思いついたんです。
曲は スラブ舞曲(ドボルザーク)の中から 有名な曲。
実は 二人ともクラリネットを部活で演っていて スラブ舞曲を知っていたので より楽しめたのかも知れませんが。

お互いは、普段のレッスンで私とは練習しているものの、二人の練習は初めてで、それが予想以上に手ごたえのある時間だったみたいで…^o^

昨日の中学生のレッスン…普段から自分から話をしてくるタイプではなく、私の声かけに答えてはくれるけれど(決して嫌々ではなさそうですがね)「自分を出す」のを遠慮してしまう感じかしら?
その彼女が 何か積極的な感じがするんですよね。
「こんなに 自分を出していいの⁈」と 思ったかどうかは、さすがに 私としては 直球過ぎるかな?
と思って聞けませんでしたが、以前とは 少し違うようでした。

実は、この連弾初合わせの時、たまたまレッスン室の壁の向こう側で聞いていた 受付さんが、「感動して涙が出たわよ〜」と話してくれていました!

その中学3年生、「すごく楽しかった?」の問いに「ハイ‼️」と答えた雰囲気が私は嬉しかった。
そして、彼女はこれから 何かが始まったのかも知れない? なんてね〜、本人よりも喜んでいるのは 私かも^o^

新しいオーケストラ

先週 ジュニアの為の弦楽合奏団 として発足した この合奏団が、17回目の 定期コンサートを終えました。
思い返してみると、実に色々な方達にお世話になって続けてこれたなぁ〜と思います。
その年毎に、曲目から 指揮者の方から 団員募集の悩みから…存続の危機?等など。
私も一緒にあーでもない、こーでもないと試行錯誤 ?ま、私は横からチャチャを入れていただけですがね〜。
そうして 昨年の定期公演が終わってから シニアの方達にも加わっていただくこととなり、今まで 指導者として参加してくださっていたプロの先生方も同じ団員として舞台にのり、皆で音楽を純粋に楽しむ オーケストラが誕生しました。

このごちゃ混ぜな感じ…私はとても魅力を感じます。
同じ様に弾ける実力のある人達の集団の「凄さ」もカッコいいですが、それぞれの技量で共存して 自然にまとまっていけたら…、それこそ楽しく 暖かい音楽が そこにはあるような気がします。
やっと!始まった感じですね〜。私達が やりたい音楽❣️ ごちゃ混ぜの魅力❣️
この次は 多国籍❓ かしらね(笑)

体幹トレーニング

この 「体幹」という言葉、ずいぶん前から耳にしていて 、私としては「体感」とは違うんだろうなぁ? 体のミキ? 背骨のこと?ぐらいの興味でした!
何しろ 私は昔から スポーツとは縁がない生活をしていましたからね。
ジムにも行ってないですし、ランニングもウオーキングもしていないんですよね〜。
ただ、バランスボールの威力は 実感していてね、それとストレッチ❣️
これは毎日の日課になってるんです。

そんな感じの暮らしに 「体幹トレーニング」が 始まっているんです!
きっかけ⁇ 色々ありますが、レッスン中の生徒さんの様子を見ていると、自分の身体を感じるのが難しい事なんだ!ということなんです。
ピアノやバイオリンなど 楽器を演奏するにはまず 自分の身体に目を向けないとね〜。上手くいかないと 楽しくなくなっちゃうしね。 と思ったんです。
「できない!」は感じても 「力んでいる?」は感じるのが難しいんだろうなぁと思いました。

それで…、自分でもっと自分の身体をを感じてみようと 思い立った訳なんです。
長年、身体のメンテナンスをお願いしているマッサージの先生のアドバイスが大きいですがね〜。

「力を抜く」と楽にピアノが弾けるよ〜、と指先のことに集中してアドバイスをしていたんですが、「足を感じる!」
「腹筋を使って!」なんて 言ってるんです。自分でもビックリです。
まだまだ 始めて3ヶ月くらいかな〜、今回はバイオリン講師の謙二も積極的にトレーニングしちゃってるし。
少しずつの変化を楽しんでいこうと思います。
また、経過報告をさせていただきますね〜^o^

父の遺したもの

昨年の 12月に私の父が他界しましてね、91歳でした。
正直なところ、もう少し長生きするんじゃないかしら…?っと思っていたので、最期はなんだかあっけなかった感じもしました。まあ父らしい❗️のひと言ですがね〜。

実は私の母はもうすでに亡くなって13年が経ちます。
10年ほどアルツハイマー病を患っての事でした。地域の施設や看護師さんに助けて頂きながら、母の介護を父は自分でやっていましたね〜。凄く責任感の強い人だったと思います。

そんな両親遺したもの…
母は「味覚」かなぁ?特に「サバの煮付け」は作業工程が目に浮かびます。ひたすら丁寧に煮汁を魚にかけていたんですよね。私にはこんな事できないなぁ〜って思ってました。絶品でした!

それで、父ですがね。
とにかく「自分」をしっかり持ち続けていた人でした。
自分の最期は どんな風に迎えたいか(かなり具体的に)を書き、戒名も考えて決め、葬儀の際の音楽(BGM)も7〜8曲を
選んで一つのCDに。そんな用意周到な面もある父ですがね、最期の1か月ほどは自分の身体をどうしていいのか?
全くわからない状況でした。
良くも悪くも「マイペース」ですからね〜。周りは(弟家族)大変だったと思います。
上半身はまだまだ使えるのに下半身がどんどん衰える! そのギャップにどんどん苛立ち、不機嫌になる!
の悪循環でした。これは説得して足を動かす運動をしてもらうには、もう気力がなかったですね。
結局父は自分で書いたように、「スパッと逝きたいからな!」と言って、逝きました。

私が一番感じたことは、この1連の状況を見る事ができて良かった!ということなんです。
親の「ありのまま」の姿は残った家族を成長させてくれるんだと思いました。

結局のところ、人間、自分の身体と どこまでコミニュケーションがとれるか?
が鍵なんですね〜。父の遺してくれたことのように思いました。
これは、生まれてからもう始まっているんですものね。
私自身、このことをもう一度しっかりと感じてみよう!と新しく始まった感じです。
それで… 少しワクワクしちゃいます。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR